現在の場所
トップ > 町政・町の紹介 > 町長の部屋 > 私のことば > ~輝け越前~「オール越前」でおもてなし(平成26年10月)

~輝け越前~「オール越前」でおもてなし(平成26年10月)

更新日:平成27年6月3日

ページID:P003367

印刷する

 早いもので上半期も終わり、今日から下半期に入ります。下半期には、昨年度より合併10周年記念事業実行委員会で企画してまいりました「越前まるごと元気フェア」や「ふれあいウォークラリー」、「海土里(みどり)織りなす芸術祭」など、様々な記念事業が目白押しとなります。

 こうした事業を通して、町民の皆様とともに町を盛り上げ、町の良さや魅力を再発見し、そして郷土への愛着心を高めてまいりたいと思います。
 また、平成26年11月6日には、いよいよ「越前がに漁」が解禁となり、平成26年11月15日には、かねてよりアクティブハウス越前の一部改修により整備を進めてまいりました道の駅「越前」が「越前かにまつり」に合わせてオープンします。
 道の駅「越前」は、越前加賀海岸国定公園の中央部に位置し、本町の観光の拠点として、また、広域観光ルートのゲートウェイとして中核的な役割を果たします。
 この道の駅では、本町を訪れる皆様に越前町の観光をわかりやすく紹介・案内するとともに、直売所や飲食店で地元の特産品を存分に楽しんでもらい、日本海を一望できる露天風呂「漁火(いさりび)」で憩いのひと時を提供してまいります。
 そして、カニと越前水仙のシーズンに訪れる多くの観光客を歴史と伝統に満ちた織田地区、宮崎地区、朝日地区へと誘(いざな)い、1分1秒でも長く越前町に滞在してもらえるよう「オール越前」の観光を推進してまいります。
 さて、下半期は来年度に向けての予算編成の時期でもあります。この時期には、毎年、庁内で政策ヒアリングを行い、行政課題の洗い出しと中期の財政見通しを立てながら、本町の活性化のための積極的な施策を練っています。
 現在、国では、元気で豊かな地方の創生のため、「まち・ひと・しごと創生本部」を発足させ、人口1億人の維持と、地方の活性化及び少子化対策の推進を図ることとしています。
 町としてもこうした国の動きを注視しつつ、若者が定住し、活気あふれるまちづくりのために町独自の施策が展開できるよう、推進体制の整備と関係予算の編成に向けて全力で取り組んでまいりますので、今後とも、なお一層のご支援ご協力をお願いします。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

町長公室
電話番号:0778-34-8728
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ