現在の場所
トップ > 町政・町の紹介 > 町長の部屋 > 私のことば > わたしたちのまちの予算~平成29年6月議会定例会を終えて~

わたしたちのまちの予算~平成29年6月議会定例会を終えて~

更新日:平成29年6月29日

ページID:P005176

印刷する

 町議会6月定例会は平成29年6月12日に開会され、報告4件・承認9件・議案8件・同意15件を上程し、8日間の会期中、丁寧な審議を経て決議をいただきました。
 本年度の当初予算は3月に町長選挙がありましたので、新規事業等は計上しない「骨格予算」となっておりました。
 それでは、6月議会の補正予算から、これからの取り組みの一部をご紹介いたします。

 議案第30号一般会計6月補正予算では、歳入歳出それぞれ「7億5,215万4千円」を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ「131億6,885万3千円」と定めました。

歳出補正予算の主な内容

 まず、総務費から、新規事業として「行政情報通信システム整備事業」19,582千円、また、「行政情報通信システム管理事業」として6,723千円を追加補正しました。
 これは、行政情報機器のサポート終了に伴う行政情報システム管理用備品の購入費や庁内ネットワーク端末のOSアップデート作業に伴う委託料の増額によるものです。
 また、「地域公共交通利用促進支援事業」として7,000千円を追加補正しました。
 これは、織田バスターミナルセンターの外壁塗装が経年劣化していることから、塗替することで景観保全を図るものです。
 その他、「本庁舎整備事業」で248千円を追加補正しました。
 これは、本庁舎整備検討委員会を設置し、本庁舎の整備の方向性を検討していくものです。
 また、「劔神社周辺再整備事業」として5,657千円を追加補正しました。
 これは、平成29年3月に策定した町都市計画マスタープラン及び町交流拠点施設再整備基本構想に基づき、劔神社周辺の歩行空間の整備や沿道土地利用の促進ならびに修景整備を図るため、地域住民を交えた先進地視察や懇談会を実施し、整備イメージや概算費用等の検討を進めていくものです。

 次に、民生費から、新規事業として、「織田児童館建設事業」1,594千円を追加補正しました。
 これは、織田保育所敷地に、織田児童館を移転し増築することにより、子育て支援施設の効率的な運営と児童の健全な育成を図るもので、それに伴う建設工事の設計を委託するものです。
 また、「地域介護福祉空間整備等施設整備事業」として3,526千円増額補正をお願いしました。
 この事業は、高齢者施設の防犯対策を強化するため、防犯カメラやインターホーンの設置等、安全対策に要する費用の一部を補助するものです。

 次に、労働費から、「海土里の担い手育成対策事業」として475千円増額補正をお願いしました。
 これは、漁業への就業促進と担い手確保を図るため、漁業後継者及び漁業新規就業者が漁業経営に必要な一級小型船舶操縦士免許および第二級海上特殊無線技士の資格を取得するための経費の一部を補助するものです。

 次に、農林水産業費から、新規事業として、「中山間地域総合整備事業」12,030千円を追加補正しました。
 これは、農業用用排水施設等を整備することにより、用水の安定供給及び有効利用、排水不良の解消、維持管理労力の低減を図ること。また、担い手による作業効率の高い農地利用集積の拡大及び耕作放棄地の減少に努め、農業経営の安定化を進めていくものです。
 また、「農業体質強化基盤整備事業」として36,044千円を追加補正しました。
 これは、中間管理機構と連携して、農地の集積化と担い手としての法人組織の設立を進めている中で、耕作条件の整備状況は重要事項であるため、圃場に大切な排水状況を改善する暗渠排水整備に対する補助金を補正しました。また、農地及び農業施設のきめ細やかな整備を実施することにより農業の体質強化を図る事業費に対する補助金及び工事請負費を補正しました。
 その他、「農山漁村地域整備交付金事業」として4,630千円を追加補正しました。
 これは、高度経済成長期に集中的に整備されてきたトンネル・橋梁等の老朽化が進行しており、これらの道路構造物を効率的に維持管理するための点検及び診断を委託するものです。

 次に、商工費から、「越前焼振興事業」として、11,223千円増額補正をお願いしました。
 これは、越前古窯博物館の完成に合わせ日本六古窯サミットを開催し、六古窯産地との情報交換や交流、共通事業を通じた連携により、全国にやきものの町をPRするものです。また、平成29年4月28日に日本六古窯(越前焼)が日本遺産に認定されたことにより、6月中旬に六古窯日本遺産活用協議会(六古窯産地5市1町)を設立し、構成市町共同で日本遺産の魅力を国内外に戦略的・効果的に発信し地域活性化を図ってまいります。
 その他、「越前焼活性化対策事業」として、20,501千円増額補正をお願いしました。
 これは、越前古窯博物館の建設に合わせ、周辺の駐車場等の整備を進めるとともに、越前古窯博物館を中心に実施される「天心茶会」により、越前陶芸村及び越前焼の活性化に取り組んでまいります。

 次に、土木費から、「空き家等対策推進事業」として、18,500千円増額補正をお願いしました。
これは、「町空き家等対策計画」に基づき、空き家の利活用・適正管理の推進など段階に応じた効果的な対策を講じ、老朽危険空き家については、特定空き家の認定など状態に応じた助言・指導等により、所有者による自主的な対応を誘導するとともに、除却支援事業や安心で潤いのあるまちづくり事業も含め、総合的に対策を行うものです。そのため、特定空き家の解体費及び跡地整備工事費、また、空き家の利活用や除却支援事業に伴う補助金を補正しました。

 次に、教育費から、「小学校管理一般事業」として、77,840千円増額補正をお願いしました。
 これは、朝日小学校プール用地の購入費、また、町内小学校(糸生・四ケ浦・城崎)の耐用年数が過ぎる情報教育用のパソコン等機器の購入費を補正しました。
 また、「中学校改修事業」として、4,961千円増額補正をお願いしました。
 これは、織田中学校の外壁の老朽化等により、外壁の補修をするものです。
 その他、「統合学校給食センター建設事業」として、61,467千円増額補正をお願いしました。
 これは、町統合学校給食センターの建設に伴い、山林法面や進入道路を整備するための工事測量設計を委託するものです。また、給食センターの効率的な運営、安心安全な給食業務を行うため、ドックシェルター方式を導入するため、搬入口に適応した給食配送車を購入するものです。
 続いて、「体育施設改修事業」として、35,124千円増額補正をお願いしました。
 これは、町営宮崎総合運動場のゲートの改修、朝日総合運動場の屋外トイレの新築及び駐車場の舗装補修、町営野球場の室内トイレの改修のため工事費を補正するものです。
 また、「ホッケー場改修事業」として、27,213千円増額補正をお願いしました。
 これは、県立ホッケー場管理棟の観覧席床及び外壁の改修、空調機入替に伴う工事費を補正するものです。

わたしたちのまちの予算

 平成29年度は、町民一人ひとりが幸せを実感し、誇りをもって充実した人生を歩み続けることができる「ふるさと越前町」の創生に向け、「第二次越前町総合振興計画」で施策の柱と位置付けている、4つのリーディングプロジェクト(▽快適居住プロジェクト▽人財育成プロジェクト▽仕事応援プロジェクト▽観光交流プロジェクト)を優先的に取り組める予算編成としています。そのため、観光立町に向けた拠点施設の整備、地域産業の振興と担い手の育成、国体に向けた施設や環境の整備の他、道路などのインフラ整備、防災対策の強化、包括的な子育て支援など、これらの重要な政策課題には必要な予算措置を講じております。
 一方、財政面では、歳入の根幹である普通交付税が、平成27年から平成31年度までの5年間で、段階的に縮減されていきますので、今後は大幅な減少が見込まれます。
 このため、更なる財政健全化に継続して取り組みながら、多様化する町民ニーズに応えるべく真に必要な施策を展開し、地域のポテンシャルを活かしたまちづくりを推し進めてまいりますので、町民の皆様のご協力ご支援をよろしくお願いいたします。


※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

町長公室
電話番号:0778-34-8728
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ