現在の場所
トップ > 町政・町の紹介 > 町長の部屋 > 私のことば > 泰澄ゆかりの白瀧を訪れる!

泰澄ゆかりの白瀧を訪れる!

更新日:平成29年9月19日

ページID:P005297

印刷する

白瀧と町長
内容 泰澄ゆかりの白瀧を訪れる
日時 平成29年8月31日(木曜日)
場所 越前町小川

ロープ

 泰澄の足跡を記した『泰澄和尚伝記』という伝記がありますが、そこに出てくる泰澄の修行の様子が書かれた場面と似た空間があるということで、織田文化歴史館の堀学芸員の案内のもと行ってきました。
 場所は小川の奥で、入尾に近い、越知山山麓を流れる笈松川の渓谷を下った所となります。
 川の両側は垂直に近い断崖で、本当に降りることができるものかと不安を感じながら、堀学芸員が掛けたロープを頼りに四苦八苦して15分ほど下っていくと、直立に近い岩壁が目の前に現れました。苔むした岩肌には、上の方から鋭く斜めに切り刻んだ裂け目がありました。

岩屋入口 岩屋入口内 岩屋内

白瀧

 岩の隙間に身体をよじり入っていくと、3、4人が入れるほどの空洞が現れました。そこは岩同士が重なり合いできた空間で、まさに「岩屋」と記した伝記の表現を彷彿とさせるものです。
 岩屋を出ると、平石があり、「坐禅石」と呼ばれていることを知りました。そこで足を組み先人の物語に思いを馳せながら瞑想したあと、崖に沿って歩くと、水が轟音を立てて落ちていくのが見えました。滝を見るため迂回し下まで行くと15mほどの落差の滝が目に飛び込んできました。これが噂の「白瀧」です。
 岩屋と滝がセットとなる、まさに修験者が修行をしそうな場所だと感じ入りました。

 瞑想前 白瀧入口 白瀧落口

 堀学芸員によると、伝記では泰澄が14歳(元和本では11歳)の時、「坂本の岩屋」という場所を修行に訪れ数百回礼拝し、「南無十一面観世音神変不思議」と唱えた後、岩屋を出て越知山をよじ登ったとあり、岩屋の内部では泰澄の生きた時代に近い、7~9世紀頃の須恵器片が見つかっているそうです。堀学芸員は「伝記のモデルとなった場所かもしれない」と興奮気味に語っていました。

 今後、岩屋をはじめ越知山周辺でさらに調査を進めていき、泰澄の実像が明らかになることを期待しています。また、これを期に泰澄研究がより一層進展するよう、町としても取り組んでいきたいと考えています。
 なお、町では泰澄や越知山、白山に関する講演会、また10月には織田文化歴史館で調査・研究の成果を公表する企画展覧会を開催します。

 泰澄・白山開山1300年2年連続講演会の開催

 今年は泰澄が白山を開山して1300年という記念の年にあたります。当町は霊峰・越知山があり、泰澄が修行し亡くなられた地であります。泰澄にまつわる文化的な資源が多数ありますので、これらを題材として昨年度から2年にわたり、泰澄や越知山、白山に関する講演会を開催する運びとなりました。
 また、当町では合併後、「越前学悠久塾」という地域学講座を10年間実施してきました。しかしながら、この塾は町民限定であったこともあり、広く町外の方へも、またひとつのテーマに特化したものができないかとのご意見をいただき、白山開山1300年にあわせて悠久塾の後続事業としてリニューアルした次第です。
 昨年と同様、3日間9回にわけ、10名の講師による講演会を開催します。これをきっかけに泰澄大師のことを充分に知っていただき、多いに議論していただきたいと思う次第です。
 私は9月23日(土曜日)と11月18日(土曜日)に参加させていただきます。皆様も、100年に1度の記念の年ですので、ぜひご参加ください。

 泰澄・白山開山1300年記念企画展覧会 異人探究 泰澄十一の疑問の開催

異人探究

 泰澄や白山信仰などをテーマとした企画展覧会を平成29年10月7日(土曜日)から11月26日(日曜日)まで開催します。展覧会では、合併前から取り組んできました調査・研究の成果について公表します。展示品としては、泰澄ゆかりの地で発見された奈良時代の考古資料をはじめ、『泰澄和尚伝記』などの伝記の資料、越知神社や大谷寺に所蔵された古文書などがあります。奈良時代末の密教法具は県内初公開で、修験道を考える上で重要な資料とのことです。
 特に、新たに町内で発見された阿弥陀如来立像は、都にあってもおかしくないほどの逸品で、今回初お披露目となります。他にも初公開のものがたくさんありますので、大変見応えのある内容となっています。また、展示に反映できない多くの調査・研究の成果については、図録に掲載しました。じっくり読みますと、新たな発見があるものに仕上がっています。
 ぜひ展覧会をご覧いただき、図録を手に取り、奈良時代に活躍した泰澄に思いをめぐらせてください。 

 講演会・企画展覧会の問合先

越前町織田文化歴史館

電話 0778-36-2288

FAX 0778-36-2588

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

町長公室
電話番号:0778-34-8728
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ