現在の場所
トップ > 町政・町の紹介 > 町長の部屋 > 私のことば > 新年のごあいさつ

新年のごあいさつ

更新日:令和3年1月1日

ページID:P006743

印刷する

 文化的景観

水仙

 新年、あけましておめでとうございます。
町民の皆様には、ご家族お揃いでお健やかに令和3年の新春をお迎えのことと、心からお喜び申し上げます。
 また、旧年中は町政の推進に格別のご理解とご協力を賜り、深く感謝とお礼を申し上げます。
 さて、昨年を振り返ってみますと、年明けから新型コロナウイルス感染症が世界各地で猛威を振るい、1年をとおして新型コロナウイルス感染症に振り回された感がいたします。そして、その収束が見通せない状況が続いております。
 ただ、そのような中で、海外においてはワクチン開発が進み、欧米ではすでに接種が始まっており、一筋の光が見え始めております。日本でも一日でも早くワクチンの接種が受けられることを願っております。
 また、7月には、梅雨前線の停滞により、全国各地で豪雨災害が発生、9月には、福井県で地震が発生し、実に57年ぶりとなる震度5弱の揺れを観測いたしました。災害発生時には、避難所などで3つの密「密集・密接・密閉」を避け、検温や問診を徹底するなど、感染拡大防止対策についても備えなければならないと感じております。

入庁式
見学会
(新庁舎の見学会)

 一方では、かねてから整備を進めておりました越前町役場の新庁舎が10月に完成し、11月9日から本格的な業務を開始いたしました。これまで大勢の町民の皆様に新庁舎を見学していただき、併せて、これからの越前町を担っていく小中学生のみなさんにも広く見学していただいております。今後も町民の皆様に親しまれる庁舎を目指してまいりたいと思っております。
 11月には、本町の「上岬地区」、福井市の「下岬地区」、南越前町の「糠地区」が国の重要文化的景観に選定されました。越前海岸の水仙畑や集落の景観が認められ、花の栽培地としては全国初の選定となりました。
 昨年は、コロナに始まりコロナに暮れた一年となり東京オリンピック・パラリンピックをはじめ、本町のイベントもことごとく中止となり、大変寂しい年となりました。
 今年こそ、コロナを克服し、オリンピック・パラリンピックや町のイベントが開催され、日本が元気になり、越前町に活気が戻ってくることを期待したいと思っております。
 令和3年の年頭にあたり、私は当たり前の日常生活が送れる年となること、併せて町民の皆様方のご健勝とご多幸を強く願わずにはいられません。
 特に子どもたちのことが気がかりで、昨年来、学校生活が犠牲となり、心と体に与えた影響を大変心配しております。
 一刻も早く、子どもたちが安全で安心して送れる学校生活を取り戻したいと思っております。
 子どもたちに笑顔が戻り、町民の皆様一人ひとりが幸せを感じることで、家庭から地域へ広がり、町全体が元気になることを肝に銘じ、行政の舵取りを担ってまいりたいと考えております。
 また、私はコロナ対策と同時に、町が抱える課題を解決し、
「快適で安全に住み続けられるまちづくり」、「誰もが健康で暮らしやすさを実感できるまちづくり」、
「人が輝き豊かな心が満ちあふれるまちづくり」、「人と仕事の活力みなぎるまちづくり」、
「ふるさとの個性を活かし交流を育むまちづくり」、「持続可能な健全財政のまちづくり」の
実現に向かって、町民の皆様と気持ちを一つにして邁進したいと考えておりますので、本年も格段のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 重ねて、町民の皆様のご健勝とご多幸を心からご祈念申し上げまして、新年のごあいさつとさせていただきます。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

町長公室
電話番号:0778-34-8728
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ