現在の場所
トップ > 町政・町の紹介 > 町長の部屋 > 日記 > 西尾市との友好親善!絆深まる

西尾市との友好親善!絆深まる

更新日:平成29年5月25日

ページID:P005136

印刷する

集合

内容 : 第17回 朝日・西尾友好の会 通常総会
日時 : 平成29年5月21日(日曜日) 午後1:30~
場所 : 陣屋の里(天宝)
城戸会長 町長 全体の様子
 去る5月21日(日曜日)、西尾市の小島副市長、市議会の田中議長をはじめ「西尾・朝日友好の会」の皆様をお迎えして、「朝日・西尾友好の会」の第17回通常総会が陣屋の里(天宝)で開催されました。私も町長として、また一会員として出席させていただきました。
 この会は、江戸時代に西尾藩の越前の飛び領地3万7千石、72ケ村を管理する西尾藩天王陣屋が町(旧朝日町)にあったゆかりがご縁で、西尾市との民間レベルでの交流がはじまり、今年で17年目を迎えるに至っています。
 これまで、総会時の交流のみならずゴルフやソフトボールといったスポーツや文化を中心とした相互の交流が続けられておりますが、順調な時ばかりではなかったことかと思います。それでも、会員のみなさまの思い入れの深さに支えられ、友好の輪を広げる活動が継続されてきたことで、平成18年度には、町と西尾市そして西尾市と友好関係にある恵那市の3市町間で災害時相互応援協定を締結するという結果をもたらしました。地震・豪雨・洪水などの災害時に相互に応援する体制が整ったことで、会員同士の絆がより強固なものとなりました。
 このように、民間同士の交流が行政に反映されたことは成功例として受け継がれていくことでしょう。会員である私も誇りに思うとともに皆さまのご努力のお蔭であると感謝いたしております。
 今後も、これまで培ってきた友好関係をより一層深められ、その交流・友好の精神を次世代へ繋いでいただきたいと念願するものです。
  
  杉浦会長    副市長 
  杉浦会長(西尾・朝日友好の会)    小島副市長(西尾市)

ホウノキ

 平成27年度に「朝日・西尾友好の会」から贈られたホウノキは、盛厳寺の殿様のお墓の隣で、日々成長し続けているとのこと、大変嬉しく思っています。総会終了後の交流会では、「朝日・西尾友好の会」の会員により「ほう葉飯」が振る舞われることが恒例となっており、友好の会の盛会に一役かっています。今年も友好のしるしとしてホウノキの苗木一本が贈られました。友好の会の絆と共に大きく成長することを心から願っています。

 

 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

町長公室
電話番号:0778-34-8728
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ