現在の場所
トップ > 町政・町の紹介 > 町長の部屋 > 日記 > 越前がれい「極」披露!活締め・神経抜き施し鮮度保持

越前がれい「極」披露!活締め・神経抜き施し鮮度保持

更新日:令和2年10月15日

ページID:P006660

印刷する

集合
内容  越前がれいプレミアムブランドお披露目会
日時  令和2年10月13日(火曜日)午前10時
場所 越前町漁業協同組合 荷捌所

挨拶
アカガレイ

 越前町漁業協同組合の荷捌所で行われた、越前がれい「極」のお披露目会に出席いたしました。
 福井県がブランド化を進める「アカガレイ」の7割は越前町で水揚げされるため、当町の地名にちなみ「越前がれい」と呼ばれています。
 この「越前がれい」は、県漁業協同組合連合会で出荷調整を行い、鮮度を保つため「活締め・神経抜き」した500グラム以上の雌を出荷する予定で、そのうち800グラム以上の「越前がれい」を「極」と認定することになりました。 

活締め
(活締め・神経抜き)

 お披露目会では、生かしたままで水揚げされた「アカガレイ」に、包丁を入れて脱血し、針金を通して神経を破壊することで死後硬直を遅らせ鮮度を保つ「活締め・神経抜き」の実演がありました。普段目にすることのない実演に、会場ではたくさんの質問が寄せられました。

試食会

 その後の試食会で、「越前がれい」の刺身をいただきましたが、ぷりぷりとした食感のあと甘みが広がり大変美味しいものでした。越前がに「極」のように、越前がれい「極」も全国屈指のトップブランドに成長して欲しいと期待しております。

テープカット
(出荷見送り・テープカット)

 「極」の出荷は、9月から翌年1月まで、10月15日からは町内の旅館で提供されるほか、道の駅「越前」や福井市中央卸売市場でも販売されますので、是非お買い求めいただき、「越前がれい」の魅力発信に、お力添えいただければ幸いに存じます。
     

  
 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

町長公室
電話番号:0778-34-8728
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ