現在の場所
トップ > こんな時には > 結婚・離婚 > 結婚 > 婚姻について

婚姻について

更新日:平成27年5月7日

ページID:P000387

印刷する

結婚するときには婚姻届を提出する必要があります。婚姻届は、結婚できる年齢になった男女(日本の法律では、男性18歳、女性16歳以上)が2人の意思で届出するものです。

  • 届出地 夫または妻の本籍地、住所地のいずれか

注意点

  • それぞれ本人の署名と押印(シャチハタ不可)が必要
  • 証人として成人2人の署名と押印(シャチハタ不可)が必要
  • 未成年が婚姻届を出すときには、父母の同意(署名と押印)が必要

窓口に届出を提出された方(届出人・代理人)について、本人確認をさせていただきます。

(補足)宮崎・越前織田コミュニティセンター住民サービス室でも戸籍届出の受付を行っております。

必要なもの

  • 届出 1通
  • 戸籍謄本または戸籍全部事項証明書 1通(越前町に本籍のない方)
  • 住民異動届(婚姻届と同時に住所を異動される方)
    (補足)婚姻と同時に当町へ転入される方は、転出証明書
  • 認印(夫・妻、それぞれのもの)
  • 本人が確認できる書類(免許証、顔写真付住民基本台帳カードなど)

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

住民環境課
電話番号:0778-34-8708
ファックス番号:0778-34-1235

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ