現在の場所
トップ > くらし・手続き > 救急・防犯・防災 > 災害 > 防災行政無線の戸別受信機を設置しましょう

防災行政無線の戸別受信機を設置しましょう

更新日:平成29年11月10日

ページID:P005163

印刷する

災害に強い町を目指して

町では、多発する気象災害などの緊急情報を、より早く、より正確に町民のみなさんにお伝えし、町民の生命と財産を災害から守るために、町の全域に防災行政無線の戸別受信機の整備を進めています。
戸別受信機を各ご家庭に設置することで、災害時の避難情報や食糧、水といった救援物資の配分支援、各区での共助の活動につながる情報を迅速かつ確実にお知らせすることができます。
町では、災害に強い町を目指していますので、戸別受信機の設置にご協力をお願いします。

こんな時に放送されます

緊急時の放送と通常時の放送があります。

緊急時の放送

  • 災害時の避難勧告、避難指示など人命に関する情報のお知らせ
  • 全国瞬時警報システム(Jアラート※)による緊急情報のお知らせ
  • その他の緊急事態に関する情報のお知らせ

※Jアラートとは、弾道ミサイル情報、大津波警報、緊急地震速報などの緊急情報を人工衛星を用いて国から送信し、市区町村の防災行政無線や携帯電話用のメールなどを自動起動させるもので、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。

通常時の放送

  • イベントなどに関する情報のお知らせ
  • ミュージックチャイムによる時報(朝日・宮崎・織田地区1日5回、越前地区1日4回)

織田地区での設置工事が始まりました

10月下旬から織田地区で設置工事が始まりました。平成30年の3月まで町の証明書を携帯した施工業者が、各ご家庭を訪問し、設置を行いますので、ご協力をお願いします。

町内事業所のみなさんへ

町内の事業所(店舗、事務所、工場などで、住宅兼事業所を除きます)への戸別受信機の設置を募集します。機器代、設置費用は町が負担しますので、設置を希望される場合は、お気軽にお問い合わせください。 

朝日地区、宮崎地区のみなさんへ

朝日地区、宮崎地区で戸別受信機を設置されていないご家庭は、緊急時に避難行動ができるよう、戸別受信機の設置をお願いします。設置を希望される場合は、お気軽にお問い合わせください。

戸別受信機について

  • 戸別受信機は、町から放送する情報を、ご家庭で聞いていただくためのラジオのようなものです。
  • 電波がとおりにくい建物の場合には、屋外アンテナを取り付けます。壁にアンテナ線を通す穴を開けるなどの工事が必要となります。
  • 戸別受信機の機器代(本体・屋外アンテナ)、設置費用は、町が全額負担します。町民のみなさんへ無償でお貸ししますので、大切に保管しましょう。
  • 戸別受信機には録音機能があります。放送を聞き逃しても、再生して確認することができます。

戸別受信機

戸別受信機を設置されているみなさんへ

  • 通常は家庭用電源で動作しますが、停電時には乾電池で動作しますので、いざという時のために、乾電池を入れておきましょう。乾電池のランプが赤く点滅しているときは、乾電池が消耗しています。)
  • 乾電池の液漏れなどがないか定期的に確認し、1年に1度は乾電池を交換しましょう。
  • 内部にほこりが入らないように、定期的にふき取りを行いましょう。
  • 通常は、音量をしぼっておきましょう。

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウィンドウで表示します)が必要です。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

防災安全課
電話番号:0778-34-8721
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ