現在の場所
トップ > くらし・手続き > 税金・年金・保険 > 税金 > 税の納付 > 確定申告書は、自分で作成して、早めの提出をお願いします

確定申告書は、自分で作成して、早めの提出をお願いします

更新日:平成30年1月1日

ページID:P005354

印刷する

武生税務署からのお知らせ

平成29年分の確定申告の期限

所得税及び復興特別所得税・贈与税

平成30年3月15日(木曜日)

個人事業者の消費税及び地方消費税

平成30年4月2日(月曜日)

確定申告会場の開設は、2月16日(金曜日)からです

税務署の確定申告会場で確定申告書を作成される人は、開設日以降にお越しください。
なお、税務署の確定申告会場の受付時間は、午前9時から午後4時までです。混雑状況により、午後4時より前に受付を終了する場合があります。

確定申告書の作成は、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」でできます

国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp)の「確定申告書等作成コーナー」では、画面の案内に従って金額などを入力すれば、税額などが自動計算され、所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税(個人)、贈与税の申告書や青色申告決算書などが作成できます。
作成した申告書などを印刷して、郵送などにより税務署へ提出できます。また、同コーナーの画面上からそのままe-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用して、税務署に送信することもできます。
確定申告会場は大変混雑しますので「確定申告書等作成コーナー」を活用し、ご自宅で申告書を作成し、ご提出ください。
給与や年金収入のみの人は、簡単な操作で申告書が作成できます。

マイナンバーの記載漏れにご注意ください

今回提出される平成29年分の確定申告書には、申告者ご本人や控除対象配偶者、扶養親族、事業専従者などのマイナンバーの記載が必要です。
また、申告者ご本人のマイナンバー確認書類と本人確認書類の提示または写しの添付が必要です。

例1 マイナンバーカード

番号確認と本人確認の両方が確認できます

例2 マイナンバー通知カード

番号確認と運転免許証などで本人確認が必要です


なお、控除対象配偶者や扶養親族、事業専従者などの本人確認書類などは不要です。

ご不明な点は、お電話で問い合わせることができます

確定申告書等作成コーナーについて(e-Tax)

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク
電話番号0570-01-5901
月曜日から金曜日 午前9時から午後5時(祝日や年末年始を除きます。)

e-Tax利用開始の手続き、確定申告書等作成コーナーの操作のご質問ができます。

マイナンバーについて

マイナンバー総合フリーダイヤル
電話番号0120-95-0178
月曜日から金曜日 午前9時30分から午後8時
土曜日、日曜日、祝日 午前9時30分から午後5時30分(年末年始を除きます。)

マイナンバーカードに係るICカードリーダライタの設定、パソコン操作のご質問 ができます。

上記以外の確定申告の一般的なご質問

武生税務署
電話番号 0778-22-0890

関連リンク

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

税務課
電話番号:0778-34-8709
ファックス番号:0778-34-1235

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ