織田文化歴史館 デジタル博物館

織田文化歴史館ホーム > 織田文化歴史館 記念講演会開催のご案内

織田文化歴史館 記念講演会開催のご案内

 織田文化歴史館では、企画展覧会「織田信長が愛した幸若舞 -桃井雄三家所蔵文書を中心に-」の開催に合わせて、会期中に記念講演会を実施します。皆さまのご参加をお待ちしています。

 なお、新型コロナウィルス感染症の拡大状況により、オンラインでの開催または中止となることもあります。詳細については、当館ホームページをご覧ください。


【令和3年10月17日(日)】

講演会1 13:30~14:50(80分)

 演題/越前幸若舞の歴史と越前町

 講師/村上雅紀(越前町織田文化歴史館 学芸員)

 概要/幸若舞の歴史や幸若舞曲の世界、織田信長と幸若舞などをテーマに企画展覧会の内容を概説し、越前町との関わりについて解説します。

講演会2 15:00~16:20(80分)

 演題/『桃井雄三家所蔵文書』の魅力

 講師/外岡愼一郎氏(奈良大学文学部 教授)

 概要/織田信長や豊臣秀吉など戦国時代の古文書の意味や、当時の時代背景などについて解説します。


【令和3年10月31日(日)】

講演会3 13:30~14:50(80分)

 演題/信長時代の幸若に想像を巡らせてみよう ~「小説白山平泉寺・白の聖都」より~

 講師/千葉亮氏(歴史作家/「小説白山平泉寺・白の聖都」著者)

 概要/没落前後の平泉寺を描いた小説の中で、幸若にどんな役割を持たせ、また、どんな人物像に描いているのか。その根拠等も交えながら、時空を超え想像の世界を楽しむみましょう。

講演会4 15:00~16:20(80分)

 演題/朝倉氏の興亡と花開いた多彩な文化

 講師/青木豊昭氏(元 福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館 館長)

 概要/合戦に家を興し、合戦によって亡んだ有力戦国大名朝倉氏。五代、百年の栄華。家訓を守り、先進性と京への憧憬を求めた歴代当主。花開いた多彩な文化の実像に迫ります。


【令和3年11月14日(日)】

講演会5 13:30~14:50(80分)

 演題/足利一門桃井氏について

 講師/松山充宏氏(射水市新湊博物館 主査学芸員)

 概要/幸若舞の祖とされる幸若丸は、南北朝時代の若狭・越中守護であった足利一門桃井氏の出身とされています。室町時代の北陸と京都を軸に、桃井氏の史実と伝承を紹介します。

講演会6 15:00~16:20(80分)

 演題/敦賀の幸若家について

 講師/坂東佳子氏(敦賀市立博物館 学芸員)

 概要/藩主が配慮する程の権威を誇ったという、幕末まで存続した敦賀の幸若家について、残存する資料からご紹介します。


会  場

 越前町織田文化歴史館 文化交流ホール


募集対象

  参加自由。事前申込みなし


定  員

 30名(先着順)


参 加 費

 無料


お問い合わせ

 越前町織田文化歴史館

 〒916-0215 福井県丹生郡越前町織田153-1-8

 電話(0778)36―2288