平成27年10月から「マイナンバー制度」がスタートします

最終更新日時:2015年9月24日(木曜日) 17時5分

 マイナンバーは国民一人ひとりが持つ12桁の番号で、平成28年1月から社会保障・税・災害対策の行政手続で利用が始まります。マイナンバーは生涯を通じて利用し、原則変更されませんので、大切にしてください。

行政手続が、早く、簡単かつ正確に行えるようになります

・社会保険の手続や源泉徴収票などにマイナンバーを記載し、行政手続で利用することで、確認作業の無駄が削減
 され、また添付書類の省略による簡素化が図られます。
・正確な情報に基づく確認により、給付金等の不正受給を防止できるなど、公平・公正な社会を実現します。

事業者のみなさんは、行政手続などのため、従業員などのマイナンバーを取り扱います

・事業者は、社会保険の手続や源泉徴収票の作成などにおいて、従業員などからマイナンバーの提出を受け、書類など
 に記載します。
・個人情報を守るため、マイナンバーは、法律で定められた範囲以外での利用が禁止されており、またその管理に当た
 っては、安全管理措置などが義務付けられます。

 ⇒そのため、特定個人情報保護委員会では、法律が求める保護措置及びその解釈について、具体例を用いて分かり
  やすく解説したガイドラインを作成しています。

詳しくは、特定個人情報保護委員会ホームページをご覧いただくか、マイナンバーコールセンター(0570−20−0178)までお問い合わせください。

 

動画で見るマイナンバー解説は、こちらからご覧いただけます。

○個人向け(約15分)       ○事業者向け(約20分)

         

 

総合サービス案内

 

※「用語解説」に関するご連絡は、運営元までお問い合せください。

情報発信元

総務部門  総務課

電話番号:0778-34-8700
メールアドレス:soumu@town.echizen.lg.jp

返信が必要な場合はメール本文にお名前・ご住所をご記入ください。

アンケート

よりよいホームページにするため、
ぜひご協力ください。

このページの情報はあなたのお役に立ちましたか?

投票しないで結果をみる

ページの先頭へもどる