越前町空き家情報バンク

最終更新日時:2016年5月18日(水曜日) 10時15分

 越前町内の空き家を有効活用し、持続可能な循環型社会の実現を図る施策の一つとして、越前町内の空き家情報の提供を行い、空き家の有効利用の促進および定住促進を図る事業です。

 

ただいま越前町で紹介している物件は下記のとおりです。

売買物件

 @樫津3-6-10 【田舎暮らし】

 A朝日20-25-9 【田舎暮らし】

 B宿5-11-2 【田舎暮らし・海の近く】

 C増谷11-4-1 【田舎暮らし・古民家調】

 D六呂師9-41 【田舎暮らし・海の近く】

 E上糸生40-11 【田舎暮らし・古民家】(交渉中)

 F高佐19-48-1 【田舎暮らし・古民家・海の近く】

 G梅浦56-14 【田舎暮らし・海の近く】

賃貸物件
 @米ノ54-42 【田舎暮らし・海の近く】

 A六呂師9-41 【田舎暮らし・海の近く】

 B上糸生40-11 【田舎暮らし・古民家】(交渉中)

U・Iターンしてきた人が空き家情報バンクに登録されている物件を購入した場合や、リフォームした場合に、経費の一部を補助する制度があります。
U・Iターン者空き家住まい支援事業

福井県では、第三者による中古住宅の住宅診断を実施し、品質や性能を明らかにすることにより、中古住宅の持つ品質や性能に対する不安を解消し、良好な中古住宅の住宅市場への流通促進を図ることを目的に、「福井県住宅診断制度」を実施しています。
福井県住宅診断制度

 

手続きの流れ

1.空き家所有者等が空き家情報バンクに登録します。


 「空き家情報バンク登録申込書」および「空き家情報バンク登録カード」を越前町役場定住促進課に持参してください。(下記からダウンロードしてください。)
 登録できる物件は個人が住居を目的として建築し、現に居住していない(近く居住しなくなる予定のものを含む。)町内に所在する戸建住宅です。
 物件の登録は、1人につき1物件のみとします。ただし、所有者が宅地建物取引業者の場合は、複数の物件を登録することができます。
 宅地建物取引業者でない所有者の方は、宅地建物取引業者に仲介を依頼する必要があります。その際宅地建物取引業法に基づく手数料を支払う必要があります。
 仲介を依頼される方には(社)福井県宅地建物取引業協会をご紹介いたします。
 宅地建物取引業者が所有者の代理で登録手続きを行う場合は、所定の書類の他、「空き家情報バンクの代理登録について」を併せてご提出ください。
  

2.空き家の購入希望者等へ情報を提供します。

  物件の所有者と仲介する宅地建物取引業者からの情報を基に、物件の概要および写真データをホームページに掲載し、情報の提供を行います。
 ※ 情報の提供は、「物件の概要」と「問い合わせ先」のみとします。

3.空き家の購入希望者と所有者等の交渉

 「所有者等」と「購入希望者」間で物件の売買等に関する交渉を行い、契約に関しての仲介行為はホームページに記載されている宅地建物取引業者が行い、町は直接関与しません。
 
 越前町個人情報保護条例の規定に基づき、登録の際に知り得た情報は「購入希望者」への提供のほか、本事業の目的以外に利用いたしません。

総合サービス案内

 

※「用語解説」に関するご連絡は、運営元までお問い合せください。

情報発信元

建設部門  定住促進課

電話番号:0778-34-8727
メールアドレス:teijuu@town.echizen.lg.jp

返信が必要な場合はメール本文にお名前・ご住所をご記入ください。

アンケート

よりよいホームページにするため、
ぜひご協力ください。

このページの情報はあなたのお役に立ちましたか?

投票しないで結果をみる

ページの先頭へもどる