現在の場所
トップ > 子ども・教育 > 子育て > 健診・予防接種 > 骨髄移植等の理由で予防接種の再接種が必要になった方へ(再接種費用を助成します)

骨髄移植等の理由で予防接種の再接種が必要になった方へ(再接種費用を助成します)

更新日:令和元年9月4日

ページID:P006170

印刷する

越前町では、骨髄移植や抗がん剤治療などの理由により、接種済みの定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断され、予防接種を任意で再度接種された場合、その費用を助成します。


【対象となる人】

越前町に住民票があり、次に掲げる要件を全て満たす人。
(1)接種済みの定期予防接種の免疫が、骨髄移植等により低下又は消失したため、再接種が必要と医師に判断されていること。
(2)予防接種を受ける日において20歳未満の人。
(3)令和元年9月1日以降の再接種であること。

 【対象となる予防接種の種類】 

予防接種法に定められている下記の定期予防接種
B型肝炎、ヒブ感染症、小児の肺炎球菌感染症、ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ、BCG、麻しん、風しん、水痘、日本脳炎、ヒトパピローマウイルス感染症(一部、接種年齢に上限のある予防接種があります。)

 【助 成 額】   

町が指定医療機関に委託している接種料金を上限として助成します。

 【手続き方法】

接種前の申請が必要です。
詳細は役場内子育て世代包括支援センターまでお問合せください。(説明チラシ


 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

子育て世代包括支援センター
電話番号:0778-34-8821
ファックス番号:0778-34-0951

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ