現在の場所
トップ > 町政・町の紹介 > 町長の部屋

町長の部屋 みなさま、こんにちは。越前町町の内藤俊三です。ここでは日々の思いや施政方針などをお伝えしてまいります。

町長の部屋

ページID:C050300

町長

町長就任のごあいさつ

1         これまでの4年間を振返りますと、「誠実さ」をモットーに、公正で公平な町政を実現しようと、町民の皆さんの声に耳を傾け、夢中で町政の舵をとって参りました。
 この間、合併10周年を迎え、10年間に築きあげた新町としての一体感の醸成を確認しながら、越前町の更なる発展を目指し新しい歩みを進めて参りました。中でも道の駅「越前」のオープンや越前二の宮 劔神社への誘客など、越前町の観光入込み客の増加を図り、観光地としての知名度を高めてきたほか、様々な事業を通して活力ある町づくりに向けた取り組みを行って参りました。
 さて、今日、わが国が迎えた世界でも稀に見る急速な人口減少・少子高齢社会を見ますと、越前町のみならず、全国の地方自治体は大きな曲がり角にさしかかっていることが判ります。
 このまま、手をこまねいて人口減少が進みますと、町の将来に与える影響は非常に大きくなるだろうと心配されます。
2 一方、財政面では、本町の歳入の根幹である地方交付税が、平成27年度からの5年間で毎年削減されていきます。
 合併後10年間の優遇期間が過ぎたので、本町の合併算定替の増加額 約14億円相当は、平成27年度から31年度までの間に段階的に縮減され、平成32年度から合併算定替の増加額はゼロとなる見込みです。
 このため、自主財源の大幅な減少と将来の財源不足を見込み、更なる財政健全化に取り組まなければなりません。
 今、改めて、職責の重大さに身の引き締まる思いで一杯であります。
 これからは、本町の総合的指針であります「第2次越前町総合振興計画」や「越前町総合戦略」を着実に推進していくことは当然のことながら、まちづくりの視線を町の将来にあてて、越前町民のための「住みよく、明るく活気のある町づくり」に向けて町政を運営して参りたいと考えております。
 私が選挙中に決意として申し上げておりました「人口減少、少子・高齢化等の問題に誠意をもって取り組み、住み良い町づくりを進めること」、「観光立町を目指し、基幹産業である商工・農林・漁業の担い手の育成と活性化を目指すこと」 これらに事業重点を置きながら、町の財政健全化への着実な取り組みを進め、持続可能な財政基盤の確立に努めつつ、一方で重要な政策課題には必要な予算措置を講じるなど、メリハリの効いた町政運営に努め、越前町の人口減少を抑制する確かな道を切り開いていきたいと思っております。

3 住民ニーズが多様化し、地方分権が進んだ今日、私たちが目指すまちづくりは、単に行政主導で達成できるものではありません。町民の皆さんにも声を出して頂き、町がその声に耳を傾けながら、官民協働でまちづくりを進めていくことが必要であります。
 町民の皆さんが越前町に住み続けたいと思い、限りない愛着を持って頂けるようなふるさとを創造していくために誠心誠意尽力いたしますので、町民の皆様の更なるご支援・ご鞭撻をお願い申し上げ、就任のごあいさつとさせていただきます。