現在の場所
トップ > くらし・手続き > 税金・年金・保険 > 国民健康保険 > 国民健康保険高齢受給者証を大切に

国民健康保険高齢受給者証を大切に

更新日:平成27年5月25日

ページID:P001378

印刷する

70歳以上75歳未満の人には、所得などに応じて自己負担割合が記載された「高齢受給者証」が交付されます。

高齢受給者証(国保)

国保に加入の方で70歳以上75歳未満の方には、所得に応じて2割(1割(補足))または3割の自己負担割合が記載された高齢受給者証が交付されます。内容を確認し、大切に保管しましょう。病院にかかる際は、「国民健康被保険証」と「高齢受給者証」の2つを提示してください。

(補足)誕生日が昭和19年4月1日までの方は、国の特例措置により1割となります。

手続きと更新

満70歳となる誕生月の翌月から(1日生まれの方はその月から)適用され、対象者には適用される月の前月末までに「高齢受給者証」をお送りしますので、手続きは不要です。

また、毎年8月が定期更新となりますので、7月下旬になりましたら新しい受給者証をお送りします。年度の途中で75歳に到達される方の有効期限は、75歳誕生日の前日までとなっています。

負担割合について

自己負担割合は、 同一世帯で、国民健康保険高齢受給者証をお持ちの方の所得の状況に応じて決まります。

自己負担割合
課税所得 判定結果
1人でも145万円以上(補足) 3割
全員が145万円未満 2(1)割

(補足)ただし、対象者の収入が1人の場合は383万円未満、2人以上の場合は520万円未満であれば申請により2(1)割負担となります。

また次の場合、負担割合が変更になる場合があります。

  • 所得が変更になったとき
  • 住民異動により世帯構成が変更になったとき
  • 毎年8月の受給者証定期更新時

など

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

健康保険課
電話番号:0778-34-8710
ファックス番号:0778-34-1235

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ