現在の場所
トップ > くらし・手続き > 生活・住まい・まちづくり > 道路・交通 > 橋梁を長生きさせるために定期点検を実施し、長寿命化修繕計画を策定しています。

橋梁を長生きさせるために定期点検を実施し、長寿命化修繕計画を策定しています。

更新日:平成29年2月21日

ページID:P002698

印刷する

道路橋の写真

道路橋定期点検結果及び橋梁長寿命化修繕計画

越前町では、平成26年の道路法等の改正を受け、平成27年度より5年に1回の近接目視を基本とする点検を実施し、健全性の診断を行っています。

越前町が管理する道路橋は、平成28年12月末現在225橋(2メートル以上の全橋梁)あります。このうち15メートル以上の橋梁は51橋で、20年後には約49パーセントが建設後50年を経過することになり、急速に高齢化が進みます。

このような背景から、今後は橋梁の補修、架替費用の増大が予想されます。従来の損傷が大きくなってから対応する「事後保全」では、多大な費用を要し、道路交通上の安全も確保できないため、損傷が大きくなるまでに予防的に補修を行う「予防保全」を行う必要があります。

以上のことから、計画的かつ効率的な橋梁の維持管理を図るため、道路橋定期点検結果を公表し、橋梁長寿命化修繕計画を策定しました。

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウィンドウで表示します)が必要です。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

建設課
電話番号:0778-34-8703
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ