現在の場所
トップ > くらし・手続き > ごみ・環境・動物 > ごみ・リサイクル > 正しいごみ分別の方法を確認しましょう

正しいごみ分別の方法を確認しましょう

更新日:平成30年2月14日

ページID:P000477

印刷する

不燃物の中にスプレー缶や空き瓶が入っている写真
スプレー缶や空き瓶が不燃物の中に入っていました
蛍光灯がそのままの状態で入っている写真
蛍光灯がそのままの状態で入っていました
不燃物の中に大量に空き缶が含まれている写真
大量の空き缶が不燃物の中に入っていました

最近、不燃物として大量の空き瓶や空き缶が収集ステーションに出されています。分別の状態が悪い事で、次のような深刻な問題が発生します。

問題点

  • 分別がされていないと、回収ができません。そのまま、ごみステーションに置いて行くことになります。
  • 分別がされていないと、搬入先の鯖江クリーンセンターで受入ができません。分別しないまま受け入れれば、高性能の設備であっても故障が起こり、一切のごみや資源物の受入が止まり、家庭からのゴミが出せなくなってしまいます。現在、鯖江クリーンセンターから注意を受けています。
  • 貴重な資源物やリサイクルできるものが、処理に困るごみとして扱われます。
  • 正しく分別して出している人まで、迷惑を受けます。

もう一度、分別方法を確認して正しいごみの出し方をお願いします。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

住民環境課
電話番号:0778-34-8708
ファックス番号:0778-34-1235

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ