現在の場所
トップ > 町政・町の紹介 > 計画・取組 > 計画・プラン > 越前町交流拠点施設再整備基本構想を策定しました

越前町交流拠点施設再整備基本構想を策定しました

更新日:平成29年4月11日

ページID:P005065

印刷する

報告書提出
検討委員会の報告書を町長に提出する島田委員長(中央)と新谷副委員長(右)

 「越前町交流拠点施設再整備基本構想」は、越前町総合振興計画に掲げたリーディングプロジェクトの一つである「観光交流プロジェクト」を推進するために、交流人口の増加を目的として策定した観光施設の再整備に関する構想です。

 平成28年6月に検討委員会を設置し、検討本部会議や地区別検討部会などをとおして、町内7つの交流拠点施設(福井総合植物園プラントピア、越知山、越前陶芸村、道の駅「越前」、越前岬水仙ランド、劔神社、悠久ロマンの杜)及び周辺地域の再整備方針などについて検討を行ってきました。

 3月27日に検討委員会から町長へ検討結果が報告され、越前町交流拠点施設再整備基本構想を策定しました。

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウィンドウで表示します)が必要です。

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

地域創生室
電話番号:0778-34-8714
ファックス番号:0778-34-1236

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ