現在の場所
トップ > こんな時には > 妊娠・出産 > 助成・支援(妊娠・出産) > 児童手当について(概要編)

児童手当について(概要編)

更新日:平成29年11月1日

ページID:P002271

印刷する

児童手当とは、次代の社会を担う児童の健やかな成長を支援するための制度です。

児童手当について(手続き編)

支給対象

次の要件をすべて満たしている人

  1. 越前町に住民登録をしていること
  2. 中学校修了まで(15歳に達する日以後の最初の3月31日まで)の児童を養育していること
  3. 児童が日本国内に居住していること(留学中の場合等は除く)

(補足)児童養護施設等に入所している児童は、対象にはなりません(施設の設置者等に支給されます)

請求者(受給者)

次のいずれかに該当する人

  1. 父母がともに養育している場合は、生計を維持する程度の高い人(一般的には、恒常的に所得の高い人)
  2. 父母が海外に居住し、その児童の面倒をみている祖父母などで、父母から指定を受けている人
  3. 未成年後見人である人
  4. 離婚協議中で児童と同居している父母の人(離婚協議中であることの証明が必要です)
  5. 父母等に監護されない又は生計を同じくしない児童を養育している人
  6. 児童養護施設等の設置者など
  7. 里親など

支給額(支給対象児童1人あたりの月額)

支給額
区分 金額
3歳未満(3歳の誕生月まで) 15,000円
3歳から小学校終了前(第1子・第2子) 10,000円
3歳から小学校終了前(第3子以降) 15,000円
中学生 10,000円
所得制限限度額以上の人 年齢に関係なく
一律 5,000円

(補足)平成24年6月分から所得制限が適用されます。所得制限限度額以上の人は、特例給付により、支給月額が5,000円になります。

(補足)第何子目かは、養育する児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童) を、年長から順に数えます。

所得制限額

平成24年6月分から所得制限が適用されます。(限度額は下表のとおり)

限度額
扶養親族等の数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 622,0万 833,3万円
1人 660,0万 875,6万円
2人 698,0万 917,8万円
3人 736,0万 960,0万円
4人 774,0万 1002,1万円
5人 812,0万 1042,1万円

支給開始月

申請日の翌月分から支給されます。ただし、出生・転入が月末に近い場合、出生日・転入日(前住所地での転出予定日)の翌日から15日以内に申請をすれば、出生日・転入日の翌月分からの支給となります。

例1 4月5日に出生し、4月中に児童手当の申請をした場合

申請の翌月の5月分から支給

例2 4月25日に出生し、5月7日に児童手当の申請をした場合

申請が出生日の翌日から数えて15日以内なので、出生日の翌月の5月分から支給

(例3) 4月25日に出生し、5月15日に児童手当の申請をした場合

申請が出生日の翌日から数えて15日を経過しているので、申請の翌月の6月分から支給

支払時期

支払いは、年3回(6月・10月・2月)で、前月分までの手当を支給します。

現況届

児童手当を受けている人は、毎年6月に「現況届」の提出が必要です。現況届は、受給者の現況を再審査して、手当を引続き受けることができるかを確認するためのものです。現況届の提出がない場合は、6月分以降の手当が受けられなくなります。

(補足)6月中旬に対象者あてにご通知します。

寄附について

児童手当の全部または一部の支給を受けずに、越前町に寄附し、子ども・子育て支援の事業に活かしてほしいという人には、簡便に寄附を行う手続きもありますので、ご関心のある人はお問い合わせください。

関連リンク

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

福祉課
電話番号:0778-34-8725
ファックス番号:0778-34-1235

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ