現在の場所
トップ > くらし・手続き > 税金・年金・保険 > 税金 > 町民税・県民税 > (事業主の皆さんへ)給与支払報告書の提出は1月31日までにお願いします

(事業主の皆さんへ)給与支払報告書の提出は1月31日までにお願いします

更新日:平成31年1月8日

ページID:P005849

印刷する

平成31年度(平成30年分)の給与支払報告書を下記の事項にご留意の上、

平成31年1月31日(木曜日)までにご提出くださいますようお願いします。

1.給与支払い報告書(総括表)

給与支払者の名称や所在地等に変更がありましたら、「所在地・名称変更届出書」を提出してください。

総括表に加筆いただいても変更できませんのでご注意ください。

2.給与支払報告書(個人明細書)

1.平成30年1月1日から12月31日の間に給与支払いを受け、平成31年1月1日に越前町に住所がある全ての給与受給者分を提出してください。

(退職者・休職者及び個人で確定申告される方の分も提出してください。)

2.前職分給与を合算している場合は、摘要欄に前職の事業所名と住所、給与支払額、社会保険料、源泉徴収税額、退職日を記入してください。

3.退職者(予定者を含む)の給与支払報告書は、退職(予定)日を忘れず記載してください。

3.普通徴収切替理由書(兼仕切紙)

特別徴収できない従業員がいる場合は、できない理由と人数を記載した「普通徴収切替理由書(兼仕切紙)」の提出が必要です。

普通徴収が認められるのは「普通徴収切替理由書(兼仕切紙)」に記載されている下記普A~普Eの理由に該当する場合のみです。

該当する場合は、給与支払報告書(個人別明細書)の摘要欄に普通徴収の理由に該当する符号を記載してください。

下記理由に該当しない場合は、原則どおり特別徴収対象者となります。

符号 普通徴収切替理由
普A

総従業員数が2人以下

※従業員全員が普通徴収対象の場合のみ該当

普B 他の事業所で特別徴収を行っている
普C 給与が少なく税額が引けない(例:年間の給与支払額が93万円以下)
普D 給与の支払いが不定期(例:給与の支払いが毎月でない)
普E 個人事業主の事業専従者(個人事業主のみ対象)
普F 退職者または退職予定者(5月末日まで)
普G 1年未満の契約社員

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

この記事についてのお問い合わせ

税務課
電話番号:0778-34-8709
ファックス番号:0778-34-1235

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力下さい

この記事はいかがでしたか?
アンケートにご協力をお願いします。

アンケートページ